橿原市総合プール利用規程

ホーム橿原市総合プール > 橿原市総合プール利用規程

ここから本文です。

橿原市総合プールは、安全・安心を第一に考え、明るく健康的で楽しいプール利用を提供するために、以下のプール利用規程を定めています。
※競技用50・25mプールの専用使用時は適用外となる事項があります。

プール利用時間


○午前9時30分から午後4時30分まで(最終入場時間は、午後4時まで)

○休憩時間は、午前10時30分から10時50分、正午12時から12時20分、午後14時30分から14時50分の3回
※利用者の健康管理<体温の維持と回復など>と施設の安全点検、また安全意識啓発のために休憩時間を設定しております。
※各休憩時間には、ラジオ体操の音楽を流して準備体操や水慣れ、ウォームアップなど安全な入水方法を奨励しています。<脳、心疾患などの予防>
※利用者の安全確保、施設の保全のため、上記以外にも休憩時間を設定する場合がありますので、予めご了承ください。

 プール入場の禁止(入れません!!)

つぎのような人は、入場のお断り、または退場していただきます。

○安全・安心で快適なプール利用環境を乱し、公序良俗に反するおそれのある人

○他の利用者に、不快な思いを与えるおそれのある人

○酒気をおびたり、施設内で飲酒するおそれのある人

※飲酒後の入水遊泳は、心臓発作や溺水のリスクを高くします。)

 

○薬物の乱用、危険ドラッグ等の違法な薬物を使用しているおそれのある人

 

○他の利用者に危害を与える器具などを所持しているおそれのある人

※場合により、持ち物の確認をさせていただくことがあります。

 

○反社会的勢力に属する人、組織暴力団関係の人


○刺青、タトゥー(プリントやシールを含む)のある人

施設内で発見、通報のあった場合は、速やかにご退場いただきます。その場合、返金などの保証は一切いたしません。


○感染症の疑いのある人


○保護者(高校生以上)の同伴がない小学校低学年(1年から3年生)の児童とそれ以下の幼児


○迷惑行為やプール施設の管理上、支障のある行為をする人


プール安全管理者(POOLLIFEGUARDなど、施設管理者の指示に従うことが出来ない人


※安全・安心なプール利用を守るため、利用者数に応じて入場制限を行う場合がありますので、予めご了承ください。

※入場をお断りする場合、ご退場いただく場合、いかなる場合も返金などの保証は一切いたしません。

 

プール利用上の禁止事項(やめてください!!)

○寝不足、体調の悪い人、気分の悪い場合は入水しないでください。

○心臓疾患、脳疾患の他、医師から水泳を禁止されている人は、入水しないでください。

○施設内での飲酒、また酒気をおびたうえでの入水、遊泳はやめてください。
※飲酒後の入水、遊泳は、心臓発作や溺水のリスクを高くします。

○施設内は原則、禁煙です(所定の喫煙場所でのみ喫煙可能)。

○プールサイドをはじめ施設内は、転倒や衝突の防止のため、走らないでください。

○プールでの飛び込みはおやめください(専用使用を除く)。

○プールでの潜水潜行はおやめください(専用使用を除く)。

○プールでの悪ふざけ、溺れたまねなどはおやめください。

○決められた場所以外での飲食はおやめください(プール内、シャワー室、更衣室内での飲食はできません)。

○プールには、カン、ビン類の持ち込みはできません。

○プールでは、幼児用浮輪(ヘルパー)などの浮具、ビーチボール以外の使用をおやめください。
長さ100cm以上の浮具並びに、ビート板、ボディボード類、ウォーターガン(水鉄砲)などのプラスチック製の遊具類の持ち込みはできません。長さ100cm以下の浮具であっても、利用状況によって使用を制限することがあります)。

○プールでは、水中マスク、シュノーケル、ガラス製レンズメガネ、サングラスは使えません。
※メガネは、プラスチック製レンズであっても、落下、損傷防止のため、プールでは、必ず落下防止具を装着してください。

○プールでは、つばの広いハット類の使用はおやめください。
広いつばで監視可視範囲を狭くしてしまい危険です。キャップ類の使用は 可能です。

○プールでは、腕時計、ネックレス、指輪など貴金属類の装着はおやめください。
貴金属類はプールで紛失しやすく、他の利用者の身体を傷付けることがあります。

○プールには、日常生活でおむつ及びトレーニングパンツを必要とする人は水しないでください。
※子供用水遊びパンツは可

○プールには、カメラ、ビデオ、スマートフォン、携帯等電子機器、新聞や雑誌などの紙類、その他玩具などの持ち込みはできません。

○プールには、音楽プレーヤ―(水陸用共に)の持ち込みはできません。

○施設内では、悪ふざけや他の利用者に危害を与えるような粗暴な行為、迷惑行為はおやめください。

○施設内には、原則、ベビーカーやキャリーカート類の持ち込みはできません。
※乳児の場合は、状況に応じて可能です。係員にお申し出ください。

○ペットの持ち込みはできません。

○施設内では、日よけパラソル、テント類の使用はできません。
※簡易ドーム型<底生地付>小型テントは可

○施設内は、原則としてプライバシー保護の観点から撮影禁止です。
※カメラ・ビデオ・カメラ付き携帯電話での撮影はやめください。許可なく、家族や同伴者以外の撮影をすることは出来ません。

○施設内では、ビーチサンダルなど、底(ソール)の平たいサンダル類以外は履くことが出来ません。

プール利用上の注意事項(気をつけてください!!)

○プール利用の際には、筋肉や関節のトラブルを防止し、心臓疾患、脳疾患、喉頭痙攣の発生リスクを低減するため、準備運動(ラジオ体操やストレッチ及び水に慣れるための導入運動)を積極的におこなってください。

○プールでは、環吸排水口、起流装置付近では遊ばないでください。また、環吸排水口にいたずらなどをしないでください。

○お連れのお子さまからは、決して目を離さないでください。

○小学校3年生以下の児童は、保護者(高校生以上)の付き添いが必要です。
 ※原則として保護者1名につき、小学校3年生以下2名までです。

 ○脚を挿入するタイプの浮輪の使用には、十分な注意をおねがいします。
※使用方法や対象年齢を誤ると、浮輪を装着したまま転覆し溺れる危険性があります。

○プールでは、必ず水着を着用して下さい。また、出来るだけスイミングキャップのご使用をお願いします。
※水着やラッシュガード以外のTシャツや肌着などでの入水は、おやめください。

○プールに入るときは、衛生管理上必ずシャワーを浴びて、汗や化粧,整髪料などを落として下さい。また、サンオイル、薬品類(湿布や塗り薬)を塗ってのご利用はできません。
※防水性<ウォータープルーフ>の日焼け止めの使用は可能です。

○トイレや休憩後、必ずシャワーを浴びてから入水してください。

○流水プールでは、流れに沿って進んでください(逆進行はできません)。

○じゃぶじゃぶプールは小さなお子様仕様です。(保護者の方を除く。)小学校高学年以上の人の利用はご遠慮下さい(お子様から決して目を離さないで下さい)。

○盗難防止のため、荷物はすべてロッカーに入れ、必ずカギを掛ける様お願いします。

○ロッカーの利用に際しては、利用者の操作ミスや故障、天災等いかなる事由に於いても、物品の紛失破損に対して、一切の賠償責任を負いませんので、十分に気をつけてご利用ください。

○施設内では、利用者の安全を第一と考え、必要に応じてプールの利用制限やプールからの退出、退避をお願いすることがあります。
※天候・地象の変化、災害や事故等により遊泳を中断あるいは営業を中止することがあります。災害、事故等の際には、プール安全管理(POOLLIFEGUARD)の指示・誘導に従ってすみやかに行動してください。)
※このような場合、返金などの保証は一切いたしません。

○その他、プール安全管理者(POOLLIFEGUARD)など、施設管理者の指導・指示に従って下さい。

○プール施設内には、安全管理上監視カメラを設置しています。監視カメラの運用には、個人情報の取り扱いに十分留意して適正に管理しますが、施設の管理や犯罪、事故の防止、警察当局等への資料提供などに使用する場合がありますので、予めご了承ください。

スライダー(直線・ジャンボ)およびアップヒルコースター利用上の注意

ご利用は、身長120㎝以上(※小学生以上)の人に限ります。

身長120㎝未満の子どもについては、保護者が同伴した場合、直線スライダーおよびジャンボスライダーの4番コースのみで滑走できます。

メガネ、時計、ネックレスなどの装身具、ガラス、金属類や危険なものを身につけて滑らないでください。
※浮輪、ビーチボールなどを持っての滑走も出来ません。

係員の指示に従って滑走してください。
※係員の指示に従わなかった場合や滑走順を争って滑り出したり、複数で同時に滑るなど、スライダーに掲示されている注意事項に反しての事故やケガに関して、一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。

各スライダーの着水プールは、遊泳禁止です。滑走者との衝突事故防止のため、着水後すみやかにプールから出てください。

各スライダーの着水出口からのさかのぼりは大変に危険ですので、絶対にのぼらないでください。

競技用25mプールの利用上の注意

競技会などで専用使用する場合は、利用できません。

専用使用のない場合は、一般利用(遊泳)が可能です。

競技用プール仕様のため、水深が150~130cmになっていますので、水深にご注意ください。

 ※保護者は、お連れの子どもから決して目を離さないでください。

 ※専用使用時には、プール利用規程の一部に適用外となる事項があります。


競技用50mプールの利用上の注意


競技会などで専用使用する場合は、利用できません。
※専用使用のレーンについても利用できません。

中学生未満の人の利用はできません。(専用使用を除く。)

専用使用のない場合は、指定されたレーン(一般利用レーン)での水泳練習(スイミング)など、スポーツ目的での利用は可能です。
※遊泳、遊水のための利用はできません。

競技用プール仕様のため、水深が180~150cmになっていますので、水深にご注意ください。
※専用使用時には、プール利用規程の一部に適用外となる事項があります。



以上の内容にご同意をいただけない場合、またはプール安全管理者(POOLLIFEGUARD)など、施設管理者の指示に従わない場合には、ご利用をお断りすることがあります。また、規程に反する行為お客様の不注意において起こったトラブルや事故に関して、一切の責任を負いかねますので、予めご了承ください。なお、保護者の方はお子様へのご指導をお願いいたします。

 

詳しくはこちらをご覧ください。

橿原市総合プール利用規程.pdf