安全対策の取組について

ホーム橿原市総合プール > 安全対策の取組について

ここから本文です。

 橿原市総合プールにおいて、平成27年・平成28年度と重大事故が発生したことを踏まえ、「日本一安全安心で快適なプール」づくりを目指し、平成29年度から専門識者(特定非営利活動法人 日本プール安全管理振興協会)に協力を要請して安全対策に取り組んできました。
 平成30年度も、昨年度の取組の反省点等を踏まえ、危機管理に対する共通認識を当協会の中で共有し、設置管理者の橿原市、専門識者(日本プール安全管理振興協会)、受託業者との協議を密に重ね、連携を強化し、下記の取組等を進めています。

◆橿原市総合プール夏季事業対策会議の設置
 本会議は、橿原市・橿原市スポーツ協会・専門識者・プール管理業務の各受託業者を含めた4者で構成しています。これらの構成員が緊密に連携協議を重ね、本件事故や諸課題に関する認識を共有することによって、安全対策事業を計画的かつ効果的に実施できるように取り組んでいます。

◆利用規程・安全管理(監視)マニュアル・看板等の改訂及び整備とその履行
 平成29年度の取組を活かし、専門識者の監修・提言のもと、プール管理運営の関係書類等を改訂及び整備し、見直された利用規程等を確実に実現するためにも、監理・監督等の強化に取り組んでいます。

①市総合プール利用規程.jpg ②50M利用規程.jpg
橿原市総合プール利用規程を策定し、
ゲート横に設置しました。

50Mプールの運用方法を見直し、

プールサイドに利用方法を設置しました。

③協会見回り①.jpg ③協会見回り②.jpg
橿原市スポーツ協会の職員も見回り、気付いた点等を受託業者と共有しています。

◆国の求める「プール管理責任者」「プール安全管理者」の資格取得
 平成30年度も専門識者による監視員全員の資格化(プール安全管理者資格)の講習会を実施いたしました。看護師には、プールに特化した救護体制のあり方等を指導しました。

④シミュレーション①.jpg ④シミュレーション②.jpg
本番を想定したシミュレーション① 本番を想定したシミュレーション②
⑤救助方法①.jpg ⑥救助方法②.jpg
救助方法の習得① 救助方法の習得②
⑥救助方法③.jpg ⑥救助方法④.jpg
救助方法の習得③ 救助方法の習得④
⑦座学風景.jpg ⑧看護師.jpg
座学風景 看護師への救護器材の使用説明

◆監視員第2本部の設置・流水プールとじゃぶじゃぶプールの間に仕切りを設置
 安全確保の強化のため、こどもプール付近に監視員第2本部の設置・流水プールとじゃぶじゃぶプールの間にポールとロープで仕切りを設置しました。

⑨監視員第2本部.jpg ⑩仕切り(ロープとバー).jpg
監視員第2本部 転落防止の仕切り

※橿原市総合プール重大事故調査会議→こちらからご覧ください(市HP)

注釈)
特定非営利活動法人 日本プール安全管理振興協会は、プールでの重大事故0を目指して、「プールの安全標準指針」策定の指導・監修をはじめとした国のプール安全施策への協力、全国800以上の自治体への教育指導と「プール管理責任者資格」「プール安全管理者資格」など国が求めるプールの安全安心づくりに必要な資格講習事業を全国で展開する。